デスクワークで腰痛になる原因 

/

腰痛

整骨院にいると

「デスクワークでの腰痛に悩んでいる」

という声とよく聞きます。

デスクワークによる腰痛

なぜデスクワークで

腰痛が起きるのでしょうか? 

原因を解説していきます 。

 

デスクワークならではの

腰痛の原因を理解して、

しっかり対策をたててください。 

 

原因①

長時間同じ姿勢でいること 

 

デスクワークで腰痛が引き起こされる

原因のひとつには、

長時間にわたって同じ姿勢でいること

が挙げられます 

 

筋肉は同じ姿勢を取り続けるほうが、

動かし続けているよりも

疲労を蓄積しやすい傾向があります。 

デスクワークでは椅子に座り続けることで

腰周辺の筋肉を動かさなくなってしまうため、

腰部に疲労が集中してしまいます。 

 

そして筋肉が固まり、

血流が悪くなってしまうのも問題です。 

座っている時間が長いと

腰の奥にある大腰筋という筋肉が

縮こまってしまい、椅子から

立ち上がろうとしても腰がまっすぐに

伸びなくなってしまいます

急に立ち上がったり、

無理に伸ばそうとすると

腰の筋肉や関節を痛めて

しまうこともあるので注意しましょう。 

 

原因②

誤った座り方で腰に負担をかけていること 

 

誤った座り方も、腰痛を引き起こす原因です。 

デスクワーク中は上半身や重い頭を

適正な位置に支えるために、

常にバランスを取る必要があります。

座る姿勢が乱れると、

それだけ上半身を支える腰回りの筋肉に

負担がかかってしまいます。 

腰痛が気になる人は、

日頃から次のような無理な姿勢をしていないか、

自分の座り方を見直してみてください。

 

・猫背になって背中を丸めて座っている

・ズルズルとお尻を前に出して背もたれに寄りかかっている
・脚を組んでいることが多い
・机やパソコンに対して体を斜めにして座っている
・体重が左か右のどちらかに偏って座っている
・机に肘や頬杖をついている 

 

まとめ 

 

デスクワークで腰が痛い方はかなりこの2つの原因が当てはまるのでないでしょうか? 

腰への負担は立っているよりも座っている方が多くなります。 

普通に座っているだけでも、立っている時より約40%も腰の負担が増加し、 

もし背中や腰を丸めるような座り方をしていると、なんと約95%も腰への負担は増加するそうです。 

なので、仕事や日常生活で座っている事が多い方ほど、腰絵の負担が大きくなり腰痛になりやすいと言えます。 

 

デスクワークが多い方はぜひ正しい座り方を心がけてみてください。 

正しい座り方を詳しく知りたい方はこちらの動画がおすすめです。 

2秒でできる!正しい座り方 

著者 Writer

著者画像
院長:松﨑 秀治(マツザキ シュウジ)
1月2日生まれ A型 やぎ座 トラ 2児の父
東村山出身 趣味は空手、Tik Tok鑑賞

学生時代は水泳、バレーボール、空手をやっていました。
得意な施術ジャンルはヘルニア、脊柱管狭窄症、スポーツ外傷、テーピングです。
私たちはトップレベルの技術を提供することで、皆様の豊かで幸せな人生を実現することを目指しております。
お気軽にご相談ください。
 

当院のご紹介 About us

院名:ひつじ整骨院
住所〒135-0004 東京都江東区森下5-20-6 KK-RETREAT 101号
最寄:【電車】都営新宿線 菊川駅 A4出口から徒歩2分
半蔵門線 清澄白河駅 B2出口から徒歩10分
【バス】 都バス 菊川駅前徒歩2分 森下5丁目 徒歩2分
駐車場:ひつじ整骨院には駐車場がありません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。
パーキングが満車の場合もありますので、時間に余裕をもってご来院ください。
                                 
受付時間
10:30〜
13:00
- 10:30〜
14:00
15:00〜
20:30
- -
定休日:木曜・祝日

【公式】ひつじ整骨院 公式SNSアカウント ひつじ整骨院ではFacebook・Instagram・Twitter・LINEを運用中!

【公式】ひつじ整骨院 公式SNSアカウント ひつじ整骨院ではFacebook・Instagram・Twitter・LINEを運用中!

【公式】ひつじ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中