マタニティケア

出産後のさまざまな体調不良は
骨盤が原因かもしれません

出産は素晴らしいイベントですが、身体に多くの負担がかかるため、産後の体調不良に悩む母親がとても多くみられます。
骨盤の開きやゆがみによって腰痛や下肢のむくみなど、なぜこういった症状が続いてしまうのでしょうか。

マタニティケアを受ける方によくある症状

  • 出産後2ヶ月
    たっても恥骨
    あたりが痛い

  • さまざまな
    体調不良に
    悩まされている

  • 出産を終えたが
    体重が戻らない

  • 下半身が
    太ってしまった

妊娠、出産のお悩みに対処するマタニティケアとは

妊娠してから出産するまでの道のりは短いようで長いものです。
母親は新たな生命の誕生に向かって心身の準備を整えていくことになりますが、その過程での肉体的・精神的負担は想像を超えるものがあることも事実です。

妊娠してから出産までに起こり得る心身の問題には次のようなことがあります。

 

【妊娠~出産での不調】

 

・吐き気・嘔吐(つわり)

妊娠初期は、それまで自分のものだった身体にもう1人の生命が生まれるため、身体がそれに反応して吐き気や嘔吐を催します。
これは、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンが大量に分泌されることで、血管が拡張し血圧が低下することが原因とされています。
また、慣れない出来事に疲労感や倦怠感なども徐々に強くなっていきます。

・不眠

出産はどのようなものなのか、その後の生活はどうなるのか、ちゃんとやっていけるのか、仕事の引き継ぎはどうしようかなどといった、あらゆることを考えてしまい不安やストレスは大きな負担となります。
寝ようと思って横になってもなかなか眠れなくなってしまう方もいらっしゃいます。

・むくみ

妊娠中は血液中の水分量が増加するうえに運動不足になりやすいため、むくみを感じやすくなります。
胎児が成長して子宮が大きくなることで血管を圧迫し、手足など末端からの血液が心臓に戻りづらくなります。

・腰の痛み

大きくなったお腹をは前に突き出しますので、それに抵抗するため腰に負担がかかります。

 

【マタニティケアとは】

 

マタニティケアとは、上述した症状を緩和することを目的とした施術のことです。
主流となっているのは、ケアマッサージを行うことによるリラックス・ストレスの緩和を目的とした施術です。

また、DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)という、カイロプラクティック発祥の手技療法を使って、妊娠中のつらい症状を根本から改善することを目的とした施術もあります。

身体への負担が少ない施術であり、施術時間はわずか5分程度であるため、安定期に入る前の妊婦さんでも、同意があれば施術が可能となっています。

マタニティケアを受けることで、産後も体調不良知らずに

妊婦さんは1人の人間をお腹の中に入れて10か月前後の日常生活を送らなければなりません。
出産は本当に素晴らしい体験ですが、できることならば、妊娠中や出産後の体調不良は少ない方がご自身、周囲の方にとってもよいものです。

眼の中に入れても痛くないと思うほどの素晴らしい生命を無事に誕生させるため、肉体的にも精神的にも万全の状態で出産に臨みましょう。

 

【マタニティケアで改善が期待できる症状】

 

背骨には神経が通っており、脳からの指令を全身に伝えています。
第1、第2頸椎のすぐ上には脳幹という脳の一部が位置しており、自律神経の調整や内臓・血圧の調整、ホルモン分泌などの脳の指令を全身に伝える働きを担っています。

マタニティケアでは、この上位頚椎のズレを修正することで脳の指令を正しく調整し、心身の不調の改善を目指していきます。

・婦人科疾患の改善、体質改善

マタニティケアでは全身の血液循環を改善し、妊娠、出産に伴う体調不良や精神不安定の他、婦人科系疾患の症状の改善や体質改善を目指します。
また、優しく揺らす手法ですので、リラックス効果も期待できます。

・精神の安定

先述したように、赤ちゃんを授かってうれしい反面、出産や今後の生活のことで不安になったりイライラや落ち込みに悩む方も多くいらっしゃいます。
マタニティケアを受けることで全身の循環改善に向かい、マタニティブルーの改善にが期待できます。

・自己治癒能力を高める

マタニティケアを受けることによって血行が良くなり、免疫力の向上、疲労の回復が早まる効果も期待できます。

・自律神経の調整

自律神経のバランスが整うことによって、血圧の調整、ホルモンバランス、内臓の運動、呼吸などの働きが改善され、むくみや冷え性などさまざまな症状の改善が期待できます。

・筋肉や関節の痛みを改善する

血液循環の改善によって、肩こり、腰痛などさまざまな身体の痛みの緩和が期待できます。

ひつじ整骨院【マタニティケア】

妊娠中の腰痛や肩こり、足のむくみなど不調を解消して、元気なお産を迎えることを目的としたメニューです。
妊娠中は骨盤が広がります。
またお腹も大きくなるにつれて全身の筋骨格とホルモンのバランスが崩れます。
その結果、腰痛や肩こりになったり、足への血流が悪くなってむくんだりします。

本来、人が産む、生まれることは、生理的で自然な営みです 。
元気なお産を迎えるためには、母体が健康的ないい状態であることが理想です。

マタニティケアでは施術によって身体の自然治癒力を刺激し、妊娠中の身体の変化やトラブルに適応できる身体になることを目的としています。

 

<施術の流れ>

 

①カウンセリング

まずはしっかりとカウンセリングを行います。
現在の不調やあなたが不安に思う事や心配なことなど丁寧にお聞きします。

②姿勢検査、可動域検査

プロの施術家である私たちが姿勢分析と腰や首、股関節など重要な関節の動きを検査してあなたに最適な施術をご提案します。

③施術

ひつじ整骨院のマタニティケアはとてもソフトです。
当たり前ですが無理に骨盤をうごかしたり、ボキボキ鳴らすような施術は行いません。
やさしい力で必要な箇所に必要最小限の施術を行います。
施術はうつ伏せでも仰向けでも横向きでもあなたが楽に受けられる姿勢で行います。
ご来院時に遠慮せずにご相談ください。

※安定期に入る前の方で施術をご希望する場合は担当医師に施術の同意をいただいてください。
「私の場合、施術を受けられるの?」「こういう状態なんだけど…」といった個別のご質問も随時受け付けております。
お気軽に電話かラインにてご相談ください。

よくある質問 FAQ

  • 安定期に入っていませんが施術を受けられますか?
    かかりつけの産婦人科医の同意をもらってください。とてもソフトな施術を体調に合わせながら行います。
  • 9カ月を超えています。施術を受けられますか?
    はい。大丈夫です。仰向け、もしくは横向き、座ったままなど体に負担のかからない姿勢で施術を行います。初めての方はかかりつけの産婦人科医の同意をもらってください。
  • 上の子どももいっしょに連れて行って大丈夫?
    はい。大丈夫です。待合室や目の届くベッドサイドでもお待ちいただけます。

著者 Writer

著者画像
院長:松﨑 秀治(マツザキ シュウジ)
1月2日生まれ A型 やぎ座 トラ 2児の父
東村山出身 趣味は空手、Tik Tok鑑賞

学生時代は水泳、バレーボール、空手をやっていました。
得意な施術ジャンルはヘルニア、脊柱管狭窄症、スポーツ外傷、テーピングです。
私たちはトップレベルの技術を提供することで、皆様の豊かで幸せな人生を実現することを目指しております。
お気軽にご相談ください。
 

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ひつじ整骨院
住所〒135-0004 東京都江東区森下5-20-6 KK-RETREAT 101号
最寄:【電車】都営新宿線 菊川駅 A4出口から徒歩2分
半蔵門線 清澄白河駅 B2出口から徒歩10分
【バス】 都バス 菊川駅前徒歩2分 森下5丁目 徒歩2分
駐車場:ひつじ整骨院には駐車場がありません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。
パーキングが満車の場合もありますので、時間に余裕をもってご来院ください。
                                 
受付時間
10:30〜
13:00
- 10:30〜
14:00
15:00〜
20:30
- -
定休日:木曜・祝日

【公式】ひつじ整骨院 公式SNSアカウント ひつじ整骨院ではFacebook・Instagram・Twitter・LINEを運用中!

【公式】ひつじ整骨院 公式SNSアカウント ひつじ整骨院ではFacebook・Instagram・Twitter・LINEを運用中!

【公式】ひつじ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中