ぎっくり腰でお悩みの方へ

  ぎっくり腰でよくあるお悩み

  • ぎっくり腰に
    ならないよう
    にしたい

  • 不自然な体勢を
    した途端腰に
    激痛が走った

  • 腰の痛みで
    反らすこと
    ができない

  • 腰が痛くて
    目覚めた

どの世代でも起こり得る「ぎっくり腰」

よくあるお悩みの中でも特に用心しなければならない「ぎっくり腰」

その突然の激痛から「魔女の一撃」とも呼ばれています。

 

このぎっくり腰は、成人以降どの年代にも起こる可能性があり、

発症と同時に激痛に襲われ、動けなくなる方もいらっしゃいます。

 

なぜこれほどまでの激痛が突然起こるのでしょうか。

ぎっくり腰のメカニズムやその症状を詳しくみていきます。

ぎっくり腰でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

ふとした瞬間に襲ってくる「ぎっくり腰」

ぎっくり腰は、日常生活でのふとした瞬間や動作によって起こります。
経験のある方は、2度となりたくないと感じているのではないでしょうか。
症状に個人差こそあれ、激痛のために動くことが困難になる場合が多いため、数日は日常生活に支障をきたすケースも出てきます。

ですが、このように有名なぎっくり腰も、明確な原因を断定することが出来ないとされる非特異的腰痛とされています。
どういったことがきっかけになるのか、日常生活でよく起こるケースをみていきたいと思います。

 

【ぎっくり腰の原因】

 

●精神的なストレス

日常生活環境が変わったり、忙しい毎日といったことから精神的ストレスが続くことで、全身の血流が悪くなります。
また、多忙により集中力もかけてくることから、ふとしたきっかけでぎっくり腰になるリスクがあります。

●何気ない動作

急に振り返ったり、中腰から腰を上げるなど、日常生活での何気ない動作に油断が重なることで、ぎっくり腰になる可能性があります。

 

●気を抜いてるとき

気を抜いている時の動作は実はとても危険です。
例えば1つのことをしながら別の動作をする時など、1つ目の動作には集中していますが2つ目の動作には注意が向いていないことが多く、ふとした動作で腰を痛める可能性が高いと言えます。
また、リラックスしているところから急に身体を動かした、といった場合もぎっくり腰になるリスクが高くなります。

●筋力不足

腹筋と腰周りの筋力が弱いと、筋力のバランスが悪いことで腰への負担が増加するためぎっくり腰のリスクとなります。

●日常生活でリスクとなる動作

・腰を急激に冷やす
・勢いよく重い物を持ち上げる
・前かがみになる
・突然くしゃみや咳をする
・急に振り返る

 

【ぎっくり腰の症状】

 

ぎっくり腰になると、激しい腰の痛みで動けなくなります。
また、腰椎関節や椎間板を損傷することでその周辺を通る神経を圧迫し、痛みに加えてしびれが出現する場合もあります。

 

●急性期

受傷直後から炎症や痛が落ち着くまでの期間を急性期と言い、強烈な痛みで動くことが困難になります。

●慢性期

激しい炎症と痛みが一旦落ち着き、鈍い痛みが1週間~2週間ほど続きます。
少しずつ動けるようにはなってくるものの、気を抜いたり急な動きをすることで再発する可能性もありますので注意が必要です。

ぎっくり腰は予防が何よりも大切です

ぎっくり腰は普段の生活の中で突然襲ってきます。
一度ぎっくり腰になると2度となりたくないと感じる方が多いように、ぎっくり腰にはならないことが一番です。

こちらでは、ぎっくり腰になってしまった際のご自分でできる対処法や、ならないための予防法をご紹介します。

 

【ぎっくり腰への対処法】

 

●急性期の対処法

・安静とアイシング
ぎっくり腰になってしまったら、まず安静にしましょう。
受傷直後から数日は患部の急激な炎症と痛みが強い時期です。
アイスパックや保冷剤などをタオルにくるんで腰にあて、炎症を緩和させましょう。

・鎮痛消炎剤の利用
痛みの激しい時には、鎮痛剤を利用することも対処法の1つです。
過剰服用には十分注意しながらも、鎮痛剤を上手く利用して一刻も早く痛みを抑えましょう。

 

●慢性期の対処法

・身体を温める
急性期が落ち着くと、鈍い痛みが続く慢性期に入ります。
この時期は積極的に身体を温めることで血行を促進し、組織の修復力を高めましょう。

・適度に体を動かす
激しい痛みや炎症が引いて来たら、少しずつ身体を動かしていきましょう。
この時期は人によって1週間から数週間続きますので、この期間は決して無理をせず、お風呂上りのストレッチなどから始めていくと良いでしょう。
ストレッチの最中に痛みを感じたら一旦やめ、安静や腰痛ベルトの使用などと組み合わせて調整しながら症状の回復を図りましょう。

 

【ぎっくり腰にならないための予防法】

 

●規則正しい生活習慣

早寝早起きや、同じ時間に寝起きするように心がけ、適度な運動とバランスの取れた食生活を送るようにしましょう。
このバランスの取れた生活は、ストレスへの抗体を強める効果が期待できます。

●腰を冷やさない

腰周りや身体を冷やすことは総じて血行不良を招き、ぎっくり腰だけでなく他の病気も招きやすくなります。
特にお腹と腰周りは常に温かくしておきましょう。

●姿勢に気を付ける

重い物を持ち上げる、顔を洗うなど、前かがみになる際には必ず膝を曲げ、両足を肩幅に開いて行うようにすることで、ぎっくり腰のリスク軽減につながります。

ひつじ整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰は突然襲ってくると思っていませんか?

朝、顔を洗おうとしてピキっとなった。
子どもを抱き上げた時にグキっとなった。

など私も悲しいお話をよく聞きます。

しかし健康な状態から急にぎっくり腰になる方はほとんどいません。
当院にぎっくり腰でご来院される方は、みなさん「急になった」とおっしゃいます。

よく調べてみると、痛める前からすでにぎっくり腰になる下ごしらえができていて、たまたま前かがみになった瞬間とかにボンっと痛みとして発生するんです。

例えるなら身体の中に「ぎっくり腰の種」があるような状態です。
この「種」が何かは人によって違います。

インナーマッスルという奥の方の筋肉の硬さであったり、
腰椎(腰の骨)が反りすぎている不良姿勢だったりと様々です。
(あくまで例えなので実際にレントゲンを撮っても種は映りません)

もしあなたがぎっくり腰になってしまった場合は、
「不幸にも」「たまたま」なってしまったのではありません。
ぎっくり腰になるべくしてなってしまっているんです。

シップや痛み止め薬、マッサージで痛みは一時的に楽になったりもしますが、根本改善しないと何度も繰り返し再発します。それもあなたが忘れたころに・・・

ひつじ整骨院のぎっくり腰施術は一時的に痛みを取るだけなく、しっかりと根本原因を見つけ出し、今後再発しない身体づくりまでを考えています。

ぎっくり腰になって、すぐの時には炎症症状がおきていますのでまずは痛みを引かせるためのハイボルテージ療法を行います。
その後、DRT療法でゆがみを整えることを目指し、EMSで腹筋を鍛える流れをお勧めすることが多いです。

無理をしてもぎっくり腰にならない身体づくりをしていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:松﨑 秀治(マツザキ シュウジ)
1月2日生まれ A型 やぎ座 トラ 2児の父
東村山出身 趣味は空手、Tik Tok鑑賞

学生時代は水泳、バレーボール、空手をやっていました。
得意な施術ジャンルはヘルニア、脊柱管狭窄症、スポーツ外傷、テーピングです。
私たちはトップレベルの技術を提供することで、皆様の豊かで幸せな人生を実現することを目指しております。
お気軽にご相談ください。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ひつじ整骨院
住所〒135-0004 東京都江東区森下5-20-6 KK-RETREAT 101号
最寄:【電車】都営新宿線 菊川駅 A4出口から徒歩2分
半蔵門線 清澄白河駅 B2出口から徒歩10分
【バス】 都バス 菊川駅前徒歩2分 森下5丁目 徒歩2分
駐車場:ひつじ整骨院には駐車場がありません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。
パーキングが満車の場合もありますので、時間に余裕をもってご来院ください。
                                 
受付時間
10:30〜
13:00
- 10:30〜
14:00
15:00〜
20:30
- -
定休日:木曜・祝日

【公式】ひつじ整骨院 公式SNSアカウント ひつじ整骨院ではFacebook・Instagram・Twitter・LINEを運用中!

【公式】ひつじ整骨院 公式SNSアカウント ひつじ整骨院ではFacebook・Instagram・Twitter・LINEを運用中!

【公式】ひつじ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中