ひつじブログ

2015年9月15日 火曜日

意外と多い「秋の食中毒」にご注意を!②

こんにちは。
ボキボキしない・痛くない整体でおなじみ!
ひつじ整骨院 松崎です。

今日も前回に引き続き
意外と多い「秋の食中毒」にご注意を!というテーマでお話しします。

前回では7、8月の夏場よりも9、10月の秋の方が食中毒の発生件数が多いことをお話ししました。
今回は食中毒の対策方法についてお話しします。

行楽シーズンになりますと、バーベキューや運動会、
お祭りなど楽しいイベント盛りだくさんですよね。




しかし野外での衛生管理が不十分な環境での食事では、
食品に細菌やウイルスが付着、増殖してしまいやすいんです。



さらには夏ばてして体力が落ち、免疫力が低下しているところに、
大きな気温の変化も加わり体調を崩しやすいことも
秋の食中毒の発生に影響しています。 

そこで食中毒対策の3原則をご紹介します!!!

〈食中毒対策の3原則〉
①つけない→分ける・よく洗う
②増やさない→低温で保存する
③やっつける→加熱処理をする

食中毒を防ぐためには、この細菌などを付けない、増やさない、やっつけることがとても重要で、
手洗いをはじめ、生肉の調理方法など基本的なことを注意していれば、リスクを減らせます。
暑さのピークが過ぎたからといって、油断しないことが何よりも大切なんですね。

〈つけない〉・〈増やさない〉・〈やっつける〉
を合い言葉に気をつけましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみに
ひつじ整骨院の院長は整骨院・整形外科の双方で修行をしていますので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます(^_^)
交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

ご予約はこちらにお電話下さい
03-6659-6265

都営新宿線菊川駅から徒歩2分 夜は20:30まで。土日も受付。

身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故
骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・ムチウチ・マッサージ・デトックス
 
土日診療しています。江東区・墨田区の菊川や森下、住吉で身体の事でお困りがあればお気軽にご相談下さい

〒135-0004
東京都江東区森下5-20-6 KK-RETREAT101
ひつじ整骨院

Tell:03-6659-6265
mail:hitsujiseikotsuin@live.jp



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 ひつじ整骨院